5年待ちの天使のパン

5年どころか、いまや“6年半”待ちとウワサされる「天使のパン」。そこまで人気の秘密は、オーナーの温かなハートにありました。

サイトトップ > パンにこめた思いが、人々のハートに響きます

スポンサードリンク

5年待ちの天使のパン

パンにこめた思いが、人々のハートに響きます


多以良さんは壮絶な事故にもかかわらず希望を失うことなく、必死で生きてきました。10'年には“社会にもっとも感動を与えた3人”に贈られる「シチズン・オブ・ザ・イヤー2009」を受賞しています。


さらに同年5月には日本障害者自転車競技大会に初出場し、「1000Mトライアル部門」でみごとに優勝。一所懸命に生きることのたいせつさ、努力することのたいせつさを、多以良さんは身をもって社会に示しているのです。


苦しみを知っている人間は強く優しい、だから天使のパン・ケーキにこめられた真摯な思いも人々の心に響き、いつしか予約しても5年待ちのスーパーレアアイテムに。「天使のパン・ケーキGateau d’ange」スタートのきっかけは、妻の総子さんによるものだといいます。


リハビリで楽しそうに粘土をこねている多以良さんを見て、「泉紀くんが初めてプレゼントしてくれたのが、彼の手づくりチーズケーキだった」と思い出した総子さんは、自宅でのパンづくりはまちがいなくリハビリになると直感したそう。そんな経緯を経て夫婦ふたりでつくりはじめたパンやケーキが友人たちの間で大好評を博し、ショップを開くまでになったのです。ちなみにガトー ダンジュとは、フランス語で天使のケーキを意味します。


5年待ちの天使のパン

MENU



スポンサードリンク